Create Your Business Value ユニリタ > メディア > スペシャルコンテンツ > ユニリタグループ社員の「笑顔と元気」の源とは?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニリタグループ社員の「笑顔と元気」の源とは?

ユニリタグループ社員の「笑顔と元気」の源とは?
朝倉あき ✖ ユニリタグループ社員 座談会


ユニリタグループのイメージタレントを務める朝倉あきさんがユニリタのオフィスを訪問し、グループ各社の若手社員と一緒に語り合いました。朝倉さん本人を前に社員たちは緊張気味でしたが、朝倉さんの気さくで親しみやすい人柄に緊張もほぐれ、トークも大変盛り上がりました!

|提案力の秘訣はコミュニケーション力

朝倉 今回、どのようにしてみなさんはお集まりになられたのですか? 
社員 朝倉さんが来社されることは、事前に知らされていました。訪問中に社員との座談会企画があり、希望者の中から厳正(?)な抽選で参加できると聞き、「これは参加したい」と思い手を挙げて見事に選ばれた面々です。なので、この企画で初めて席を並べている社員もいて、朝倉さんに会えた緊張とダブルで緊張しています。
朝倉 みなさんが緊張されているのと同じくらい私も緊張していますので、一緒にほぐしていきましょう(笑)。

zadankai_img_01.png
朝倉 みなさんはどんなお仕事をされているのですか?
社員   ここには、営業、開発、マーケティング、事業企画を担当している社員が集まっていますね。
朝倉 みなさんとお会いする前に、北野社長とお話しをさせていただきました。お話の中で、幅広い業種・業界のお客様にユニリタグループの製品やサービスが導入されているとお聞きしました。何か営業のコツみたいなものがあるのでしょう。
zadankai_img_02.png社員 お客様先へお伺いし、課題解決に向けて自社製品・他社製品を組み合わせたソリューションの提案を行っています。お客様のニーズに合った解決策を提示するため、ときには社内外の多くの方の協力が必要になることもあります。そのため、製品やサービス知識はもちろん必要なのですが、最も重要なのはコミュニケーション力だと思います。ユニリタの営業メンバーは良く会話をしますし、チャットやメールで頻繁に情報共有もします。もちろん飲み会も多いですよ。

朝倉 ドラマや映画業界も同じですね。ドラマのお仕事をするとき、出演者のみなさんはもちろん、スタッフのみなさんとのコミュニケーションはとっても大切だと思います。そして、飲み会(打ち上げ)も多いかな?(笑)
zadankai_img_03.png
社員 ユニリタには、10年以上お付き合いをさせていただいているお客様がたくさんいらっしゃいます。お客様が主体となって運営されている「ユニリタユーザ会」にいたっては、40年以上も続いています。
朝倉 40年以上ですか!すごいですね。きっとみなさんユニリタの大ファンなのでしょう。私もファンの方を大事にして、長く応援してもらえるように頑張らないといけませんね。


|データを活用した「スマート農業」に取り組む

社員 私は朝倉さんが出演されていたドラマを欠かさず見ていました。最近ですと無人農業ロボットをテーマにしたドラマにご出演されていましたが、大変だったシーンはありましたか?
朝倉   私は技術者の役を演じていましたが、設計や開発に携わる方の姿勢や想いを表現するのに苦労をしました。精密機器の開発を担当する技術者の役ですから、冷静でなくてはならないですし、製品に対する熱い想いも伝わらないといけません。
社員   それは大変そうですね。
朝倉   ユニリタグループでもたくさんの製品やサービスを開発されていると伺っています。若い方も活躍されていらっしゃるのですか?
zadankai_img_04.png
社員
 私は新しいことに挑戦する部門で開発を担当しています。クラウドサービスやIoT、AI、ブロックチェーンなどの新しい技術にも触れることができて、日々刺激を受けながら仕事をしています。挑戦を大切にする文化があって、年齢を問わずプロジェクトマネージャーも経験できます。できることの幅が広がっていくのでやりがいがありますよ。




社員 朝倉さんが出演されたドラマで、私は出演者のみなさんで田植えをするシーンが印象的でした。

zadankai_img_05.png朝倉 そうなんです!昔ながらの手作業の田植えを経験しました。結構体力には自信がある方なのですが、足と腰の両方に負担がかかったのを覚えています。トラクターのような農機具がなかった時代は、本当に大変だったのだろうなと思います。ユニリタグループでもITを活用した「スマート農業」に取り組まれているそうですね。

社員 ユニリタが目指している「スマート農業」は、データを活用した農業の未来を創ることです。例えば、果物農家の収穫量は、農家ごとに大きな差があります。味や品質、肥料、水の量、病気の発生率など明らかに差があります。これら全てをデータとして収集することで改善に役立てることができます。
朝倉 美味しい果物の見分け方って難しいですよね。ユニリタマークが付いた果物は美味しさが保証されるようになると嬉しいです。
zadankai_img_06.png
社員 そうですね。その他にも、収集したデータは農機具や肥料、農薬のメーカーなどで商品開発に有効活用できますし、スーパーなどの販売事業者にとっても安心・安全な農作物を探す手間が省けます。経験の浅い就農者もこれらのデータを活用したいと思うでしょう。農業のデータは無限の可能性を秘めているわけですね。
朝倉 ユニリタグループが考える「農業とIT」がすごくわかりました。納得です!

|ワクワクして挑戦できる環境が整っている

朝倉 最後に、私が一番みなさんにお聞きしたかった「笑顔と元気」の源について教えてください。なぜユニリタグループの社員さんは、みなさんイキイキとしているのですか?

zadankai_img_07.png
社員 ユニリタグループには、社員がワクワクする仕組みがたくさんあります。誰でも挑戦できる「UNIRITA Group Penguin Challenge」とか、「働き方変革」を推進する「スマイルワーク」、社員自らが新しい会社の文化を創る「文化創造プロジェクト」、社員同士のコミュニケーションを活性化する「UNICOIN」、「同好会」などです。
社員 グループ内での転職制度もあって、自分が目指したい専門性の追求に挑戦することもできます。いわゆるその道の「プロとしての実力」を身につけられます。
朝倉 ペンギンにスマイルに、ユニコイン!? もっと詳しく聞かせて欲しいフレーズがたくさん出てきましたね。これは、ますます研究したくなります。また、みなさん教えてくださいね。
zadankai_img_08.png
朝倉 みなさんとの座談会は、あっという間に予定していた時間が来てしまいました。本当に楽しい時間をありがとうございました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加