Create Your Business Value ユニリタ > メディア > 社長コラム > 「ユニークと利他の精神で挑戦し、変化し続ける」
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ユニークと利他の精神で挑戦し、変化し続ける」

「ユニークと利他の精神で挑戦し、変化し続ける」
社長コラム
株式会社ユニリタ 代表取締役 社長執行役員 北野 裕行

第2回「利他の心で判断する」

ごく当たり前のことですが、一人で完結するような商売は存在しません。必ずお客様がいて、ビジネスパートナーや社員などの誰かと一緒に働いています。私たちにはもともと「自分だけがよければいい」と考える利己の心と、「他によかれかし」と考える利他の心があります。利己の心で判断し、自分のことしか考えていない人は、誰からも協力を得ることはできないと思います。そして、お客様やビジネスパートナーと永く良好な関係を保つためには、単純に期待に応えるだけではなく、さらにその期待を超えることを目指す必要があります。期待を超えることができなければ、同じ商売を行うライバルに、大事なお客様やビジネスパートナーを奪われてしまうでしょう。

社長インタビュー 手前味噌ながら、当社のサポート業務においては、お客様からトラブル連絡があった場合、とにかく駆けつけます。その際、サポート担当のみならず、営業担当もお客様先に立会い、開発担当もお客様からのお問い合わせに備えて待機し、全社一丸となってサポートするようにしています。お客様にとってトラブルが発生した時、その原因が最初は分からず不安なものです。「お客様は困っている」。だからすぐ動くのです。結果として、当社の製品やサービスに起因するものでなくてもいいのです。非効率であっても、実践することで回りまわって私たちへの信頼につながり、真のパートナーになれると考えます。「相手の立場になって考える」という視点が、「仕事」を「志事」に変化させます。ビジネスの基本となる視点だと思っています。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加